北九州市立大学

具体的取組組織概要年次達成目標評価体制最終到達目標

HOME

大学教育再生加速プログラムフォーラム  地域連携教育における「経験」と「学習」
H28.1.23(土)にフォーラムを開催します。是非ご参加ください



2015.12.03
H28.1.23(土)にフォーラムを開催します。是非ご参加ください。 LinkIcon詳細はコチラ

2015.12.03

学内広報紙AP通信12月号を発行しました。 LinkIcon詳細はコチラ

2015.12.03

学内広報紙AP通信9月号を発行しました。LinkIcon詳細はコチラ

2015.8.27

学内広報紙AP通信7月号を発行しました。 LinkIcon詳細はコチラ
2015.5.28
第4回AP推進室会議を開催しました。
2015.5.21
学内広報紙AP通信創刊号を発行しました。 LinkIcon詳細はコチラ
2015.5.12
実践型教育プログラム参加者を対象とした学生評価の測定についての部会発足前協議を行いました。
2015.4.27
実践型教育プログラム参加者を対象とした社会波及効果の測定についての部会発足前協議を行いました。
2015.4.10
平成27年度AP推進室メンバ―の顔合わせを行いました。
2015.4.01
新たに1名の特任教員(西田 武司氏)が採用されました。
2015.3.30
平成26年度大学教育再生加速プログラム評価委員会が開催されました。
2015.2.28-3.1
北九州市の小倉駅JAM広場及び黒崎駅COMCITYにおいて、「北九州市立大学による地域活動に関する街頭調査」を実施しました。
2015.2.26
北九州市民約500名を対象に「北九州市立大学生による地域活動に関する調査」アンケートを発送しました。 LinkIcon詳細はコチラ
2015.2.25
大学教育再生加速プログラム事業説明用パンフレット(平成26年度版)が完成しました。 LinkIconパンフレットはこちら
2015.2.25
アンケート回答者に配布予定のオリジナルグッズ(平成26年度用)が完成しました。 LinkIconオリジナルグッズはこちら

本事業の目的

本学採択テーマ/テーマⅡ(学修成果の可視化)

  • 本事業全体の目的は、北九州市立大学が掲げる「地域に根ざし、時代をリードする人材の育成と知の創造」を達成するとともに、社会的ニーズの反映、実社会において時代をリードできる人材の育成を目的として本学教育指針を整理し、厳格かつ客観的な成績評価に基づき、責任感のある人材を輩出することである。
  • 目的達成のために、学生が主体的に学修成果を自己管理できる仕組み(ポートフォリオ等)を構築する。
  • 教育情報システムとの連動により、学業成績(GPA等)だけではなく実践活動経験等も一元管理し、ファカルティ/スタッフ・ディベロップメント(FD/SD)※1等において大学全体で情報共有することで、授業改善に役立つシステムを構築する。
  • 学生の学修評価を多面的に可視化するために、実践型教育プログラムに対する学生評価指標・社会波及効果指標の開発を行う。

Acceleration Program for University Education Rebuilding : AP




LinkIcon

subLinkIcon